投稿

2月, 2017の投稿を表示しています

[再掲載]セムラ:見た目100点、味60点

イメージ
以前セムラの記事を書きましたが、今日がまさにセムラの日ということなので、写真を追加して、再掲載致します。


セムラというのは今の時期にスウェーデンで食べられる菓子パンらしいです。 見た目はこんなんです。


日本ではさすがにマイナーですね。Wikipedia日本語版には、セムラのことがちょっとしか書かれてません。
セムラ(semla)は、スウェーデンの伝統的菓子の一種。
ふむふむ

中身がくり抜かれたカルダモン味の甘いパンの中にアーモンドペースト牛乳を混ぜ合わせたものが入れられ、その上にホイップクリームが加えられるのが特徴。 まぁ見た目のとおりです。


そのまま食べられることが多いが、暖かい牛乳にひたして食べる方法もある(この食べ方はヘートヴェッグという)。
それは結構美味しそうだ。僕牛乳嫌いですけどね。


かつては四旬節断食の際にしか食べられることがなかったが、現在はクリスマス明けから断食の終わりまで食べられている。
まぁよくあるよね、そういうこと。


セムラの明確な語源は明らかでないが、ラテン語の「Semilia」(最も上質な小麦粉という意味)からきたという説がある。
パスタってデュラム小麦のセモリナって書いてありますよね。あれと一緒でしょうか?



日本のシンガーソングライターカジヒデキは「セムラソング」というタイトルの曲でセムラのおいしさを語っている。
誰やねん!!



スウェーデン人の同僚に、
「今ってシュークリーム売ってるんだよね?」って聞いたら、
「うん 、靴屋に売ってるよ。」って言われました。

靴のクリームと間違われました。シュークリームって、英語じゃないんですね。



見た目は可愛らしいですよね。ホイップクリームたっぷりで。
肝心の味ですが・・・まぁ、そんな感じかっていうね。



見た目からシュークリームを想像するじゃないですか?でも実際にはシュークリームみたいに中身にクリームが入ってるわけじゃなくて、カルダモン風味のパンなんです。だから、想像以上にパンなんです。マックのハンバーガーのパンにクリームを挟んだみたいなかんじかな?

ただ、一度食べた後は見た目補正も取れますのでそれなりに食べられますね。でも、これ以上に美味しいものはたくさんありますので、積極的に食べなくてもいいような。

ランキング参加中です よかったら押してくださいね。 ↓↓
にほんブログ村

[ヨーロッパ]深夜バスでコペンハーゲンからハンブルグへ!

イメージ
クリスチャニアに行った後は、深夜バスに乗るまで待機。夜11時半のコペンハーゲン発ハンブルグ行き。

僕は、主に金銭的な理由で今までたくさん深夜バスに乗ってきたけど、海外は初めて。ちょっとドキドキ。

そして、深夜バスでいつも面倒なのは、出発までの時間の潰し方。特に今回は、初めての場だし、ストックホルムのイメージだと、週末でも夜は普通に店が閉まる。しかも、朝から歩いて体力はほぼ0。不安は募るが、とにかくコペンハーゲン中央駅に行く。

駅の近くにあるコペンハーゲン市庁舎。

コペンハーゲン中央駅は、吹きさらしになっているのでとても寒い。しかも、ホームレスにお金下さいって言われた。甘えんなこの野郎。


クリスチャニアは特別だけど、コペンハーゲン全体でも落書きが多いイメージ。駅も落書きだらけ。

まずはスタバがあったのでスタバに入る。10時閉店ということで、10時ギリギリまでコーヒーいっぱいで粘る。



スタバがしまったので、その向かいにある店に入る。ここは夜12時ぐらいまではやってるみたい。コペンハーゲンはストックホルムより夜が遅いのかな。ヌードルのポスターが目につく。

 そして買う。本当はそんなにお腹は空いてないけど、時間つぶしのため。うまいわ〜。コペンハーゲンはストックホルムより、安くて美味しい中華が多いイメージ。ストックホルムは高級なレストランしか無いもんね。


なんか、時間を潰すためにお金使ってる。安物買いの銭失いとはこのことだな。


ほぼ時間通りに、バスが来た。このバスは大聖堂のあるケルン行きらしい。


この深夜バスは、自由席だった。空いてる席は可愛い女の子の隣か、怖そうなおじさんの隣。さすがに女の子の隣は良くないと思い、恐る恐るおじさんの隣りに座る。結果的には何事もなくてよかった。

初めての海外の深夜バス。日本との違いは、完全消灯がないこと。そして、普通にみんな喋ってる。日本だと苦情が来そうだけど、僕はイヤホンで音楽を聞いていたので気にならない。逆に日本のように真っ暗で、「寝なさい」と強制される方がストレスがたまるので、これはいいかも。でも深夜バスに乗るときはイヤホンをお忘れなく。

深夜三時頃、おそらくドイツに入国したのか、パスポートチェックがあった。ストックホルム→コペンハーゲンは全く何もなかったので、ちょっと緊張。パスポートと居住許可カードを見せて、無事終了。スタンプは押され…

[ヨーロッパ]コペンハーゲンの治外法権地域クリスチャニア

イメージ
(たった0泊2日の旅行なのに、すごくダラダラと書いてしまってる)

前回の記事はこちら

夜にニューハウンに行った後は、その足でクリスチャニアに行きました。

このクリスチャニア、デンマーク政府が関わっていない彼ら独自のルールを持っているというとっても変わった場所なんです。

僕はこのクリスチャニアを、『珍夜特急』という本で知りました。主人公のクロサワコウタロウさんは、バイクで世界一周してる人なんですが、そこでクリスチャニアに住んでいる日本人に出会い、この場所を訪れています。

余談ですが、この本ではスウェーデンでは思いっきり飛ばされています。
『珍夜特急』、ストックホルムを華麗にスルー

さて、本題に戻りクリスチャニアに行きます。

本当は明るいうちに行きたかったのですが、結構遠いんですよね。


途中にある救世主教会です。ガイドブックにも載ってる教会。


ありました。クリスチャニア。

 落書きの量が劇的に増えました。これは怖い。

不気味すぎます。実際にはおばあちゃんも1人で歩いているぐらいのところなんですが、怖いですね〜。


落書きはアートとは言えません。


Gallery openとClosed ってどっちやねん。

人がちらほら入っていくので、おじさんについていきました。


気持ち悪いぐらいの落書きの量。そしておじさんを見失い、怖くなって戻る。

ということで、何もせずに出てきました。これは明るいうちに行っとくべきだったよ。



ランキング参加中です よかったら押してくださいね。 ↓↓
にほんブログ村

ヨーロッパの警察は馬でパトロールするの?

イメージ
前回の記事の最後はOstermalmstorgという駅でしたが、その後ものすごく甘いものが食べたくなって、地上に出てみました。

土曜日の夜八時で、ほとんど人はおらず店も閉まってましたが。

その時、馬の足音が聞こえたので見てみると、


馬いました。

しかも、乗ってる人の背中にはPolisと書いてあるので本物の警察だと思います。

イベントでもなく、人通りの少ない時間に馬に乗ってるということは、日常的に馬に乗ってパトロールしてるんですね。

ネットでちょっとだけ調べてみると、ヨーロッパは古い町並みを維持しているので、車が通れない道や石畳が多いため馬が使われることもあるそうです。

馬でもポリスカーでもいいんで、このきれいなストックホルムを守ってください。

ランキング参加中です よかったら押してくださいね。 ↓↓
にほんブログ村

ストックホルムの地下鉄1 Morby centrum からOstermalmstorg

イメージ
ストックホルムの地下鉄は、ひと駅ひと駅に独特のデザインで作られているんです。

せっかく乗り放題のパスを買ってるので、できるだけ多くの駅に行きたいと思い、今回行ってきました。

今回行ってきたのは、RedlineのMorby centrumからOstermalmstorgです。

Morby centrum

牛柄の駅です。



Danderyds sjukhus

 ここは結構地味な駅です。
あと、寒い。


 Bergshamra
 ここはシックな色で結構お洒落です。







Universitetet 看板の写真取るの忘れた・・・
ここは名前の通り、ストックホルム大学が近くにあるので、駅自体もアカデミアチック。





Tekniska hogskolan