投稿

8月, 2016の投稿を表示しています

治験は電話待機。ふざけてるよ。

この前お伝えした治験の結果が来た。というか電話した。

結果は電話待機。不健康な人がいたら、電話をして治験を受けれるというもの。
もし、電話がなかったら終了。お金もなし。

そして、日曜日の夜まで、電話はなかった。治験というもの終了。

僕は注射がこの世で一番嫌いで、それにもかかわらず以前の事前検査で採血一回失敗され、二回針を刺された。しかもその後に急激に気分が悪くなったがここで倒れたら確実に失格なのでなんとか耐えた。

その後、採血失敗した右腕の部分は内出血し、ちょっと痛かった。

事前の検診がこれだから、本番は耐えられるのかどうかわからなかった。本番は三泊四日が二回。その間に24回も採血を受ける。一回の採血で死にそうになっている僕が耐えられるとは思えなかった。

しかし、背に腹は変えられぬ。僕は今お金がない。更に無職。11万円はとても僕にとって大きいのである。

死ぬ気で受けようと思っていたのに、結果は保留。最終的に不合格。

まさに身を削る覚悟で受けた治験。あの決断を返していただきたい。
そして、お金ください。



このブログのツイッターもフォローしてね。

イギリスで食べた外食

イメージ
物価、特に外食が高いイギリスでは二回しか外食をしませんでした。あとはスーパーで惣菜を買うか、食べないかでした。
今回は、その2回の食事を紹介します。
まず一つ目 フィッシュアンドチップスです。 イギリスでこれはやろうと思っていたうちの一つが、フィッシュアンドチップスを食べることでした。 一回、日本で食べたことがあるんですが、吐気がするほどまずかったので、本場はどうなんだろうと気になり、食べました。
基本的に飲み屋(パブ)の食べ物らしく、パブでは昼でも売ってました。 13ポンド=2000円位。 味は、、、味のない巨大なフィレオフィッシュですかね。 イギリスって基本的に自分で味付けをするところっぽくて、これと一緒に酢やケチャップや塩を持ってきてくれるんです。それで自分なりに味付けして食べるんです。そのシステムって結構いいですね。 でも、2000円はちょっと高すぎ。

さて、もう一つはこちら。
BBQなんとかというやつ。

日本の渋谷と呼ばれている、ピカデリーサーカスに行くと、AUGUS Steak houseというお店が乱立してるんです。
http://www.angussteakhouse.co.uk/

それをみて、「あ、イギリスってステーキ有名なんだ」とまんまとお店の戦略にはまり、最終日に行ってきました。

しかし、メニューはどれも20ポンド=3000円ごえ。奮発しようと考えてはいたものの、なかなか手は出せませんでした。

その中でも少しだけ手頃(16ポンド)な商品がこの写真のBBQなんとかです。ポテトもサラダもついてきました。
写真の見た目よりも結構大きいですよ。お腹いっぱいになりました。

お肉もめちゃくちゃ柔らかかったです。外国のお肉って固いイメージあったけどそんなことなかった。

BBQとステーキって何が違うんだろうと思ったけど、食べてわかりました。この肉は燻製の味がします。少し煙臭いというか、そんな感じ。

ということですが、あまりイギリスには食に期待しないほうがいいかもしれません。


このブログのツイッターもフォローしてね。

ロンドンと東京の違い

ロンドンと東京はともに世界有数の大都市であり、かつ国の規模も似たようなもの。ということで、現在東京在住の僕が、ロンドンに行って感じた東京都ロンドンの違いを書いていこうと思います。

・ロンドンは圧倒的に多国籍
僕が思う一番の違いは人種だと思います。東京でも外国人は多いですがそれでも圧倒的に日本人が多いです。中国人や欧米人もいることはいますが、みんな観光に来ている感じがします。しかしロンドンはターバンを巻いたアラブ人やカンガ(アフリカの布)を巻いたアフリカのママみたいな人も普通にいます。そしてみんな観光の雰囲気はないのでおそらくロンドンに住んでいるのだろうと思います。アメリカは多国籍国家という認識がありましたが、ロンドンもいろんな人種がいます。

・街の綺麗さは東京にはかなわない
ロンドンも綺麗な方かもしれませんが、東京にはかないません。道には紙ゴミとかたくさん落ちていますし、水たまりだってあります。そう考えると、東京はあんなに人がいても道も超平らだしゴミも全くないですよね。

・東京ほどは大きくない
ロンドンの主要の観光地は、頑張れば全部歩いていけます。つまり、中心地はそれほど多くないのだと思います。もし東京なら23区を歩くことは絶対にできないですよね。だから、東京の方が大きいのだろうと思います。地下鉄も、ロンドンの方がシンプルです。

・観光に力を入れている
観光で言えばロンドン>>>>東京かな。歴史が古いというのもあるかもしれませんが、観光のためにお金をかけているという感じがします。
例えばバッキンガム宮殿。この夏の間は、エリザベス女王が避暑に出かけているため、宮殿の中を一般開放しているのです。そして宮殿で行われる、兵隊の行進が行われ、そのためにめちゃくちゃ人が見に来ます(あとで写真は載せます)。日本だと皇居を一般開放なんてしませんし、観光のための無駄なパレードをすると、「これは何のためにやるんだ!」と批判されそうですよね。オリンピックですらやめようとかいう人がいるんですから。東京も人工的でもいいから何かやればいいと思うんですよ。せっかくお金あるんですから。

そのくらいですかね。少なくともロンドンはとても洗練されていて、結構住みやすそうだなと思いました。

ペンスってなんやねん!!

イメージ
外国の小銭ってすごく使いにくくないですか?今回のイギリスでもたくさん小銭が集まりました。消化しようにも全く消化でませんでした。

まず、なんで単位変えるんですかね?日本だと円の一つだけですがイギリスだとポンドとペンスがあるんです。100ペンス=1ポンドらしいですがそれがしばらくわかりませんでした。

あと、もっと数字を大きくかけよ!って思います。日本だと数字が大きく書いてあるんですが、イギリスの小銭は端っこに英語でTwo penny とか書かれてあるんです。英語がわからない人には全くわかりません。しかも結構いろんな柄があるんですごく使いにくいんですよね。

例えば日本で910円だった時に1010円渡したりしますよね。イギリスでそういうことになって、「おっしゃ、小銭消費したろ」と思って1010円出したら「いや、千円で足りてるよ。」と言われ、九十円のお釣り。さらに小銭が増えるという事態になってしまいました。もしかして小銭もらうの嫌いなのかな。イギリスはクレジットカードが当たり前なのでこういう細かいお金は扱いたくないんでしょうか。

深夜バスに乗るときに必要なことまとめ

2年ぶりに深夜バスに乗った。いつも乗ると、「お金を払ってでも新幹線の方がいい」と思うのだが、次に乗るときはそのことを忘れて、とにかく値段だけしか考慮しないので結局深夜バスに乗ってしまう。ただ、ある工夫をすると深夜バスも結構快適になるなと思ったので、今回僕が感じた、深夜バスに乗るときに必要なことをまとめておきます。

■4列だけはやめろ!
深夜バスを選ぶほぼすべての人は、値段を優先しているのだろう。深夜バスは主に2列×2の4列シートと、1列×3の3列シートがある。もちろん4列シートの方が安いが、数千円高くても絶対に三列シートを選ぶことだ。隣に人がいることで、不快感は凄まじいものだ。休憩でトイレに行くときも通路側なら起こされるし、窓側なら自分が行くときに隣の人を起こしてしまうことになる。
自分が男であれば、隣に可愛い女の子が座ることは100%ない。僕が以前乗ったときはたまたまそうなったが、それはバス会社の手違いだったそうで、僕は席を移動させられた。結局僕の隣は、おっさんになり、女の子の隣は空席となった。あと、基本的に値段と客の民度は比例するもので、安いバスであればあるほど、車内で騒ぐ大学生やキティちゃんのパジャマを着ている金髪のおばさんとかが多い。

■一番後ろはやめろ。一番後ろの真ん中はもっとやめろ。
僕は今回東京に戻るときに一番後ろの真ん中を予約した。一番後ろは席を倒すときに気兼ねしなくてもいいからだ。しかしこれがとんでもない失敗だった。とにかく暑いのである。後ろにバスのエンジンがあり、そこから熱が放出されている。さらに真ん中は、上についているエアコン(風が出てくるやつ)がないので地獄状態。出発する前に僕は汗だくになり、休憩中に麦茶を買うが、それもすぐにぬるくなってしまった。乗務員に言おうとしたが、僕の一個前の席に行くとだいぶ涼しく、これ以上下げると他の客からクレームが来そうなのでやめた。

■4種の神器、アイマスク・耳栓・マスク・ネッククッション
飛行機と通ずるものがあるが、なるべく快適に寝るためにはそれなりの装備が必要。バスはカーテンが閉められているがどこからか必ず光は漏れる。それがトンネルの中であればまるでディスコのように光が飛び交う。その光が直接自分の目に当たると気になって眠れないのでアイマスクは必要。完全に消灯になるとしゃべるものはいないが、音が気になるのであ…

米に飢えている

イメージ
ロンドンから経由地のタイに到着しました。普段は出発時間と到着時間しか見ないのでわからなかったのですが、実はトランジットが7時間もあるんですね。どうないせいっちゅうねん。

機内食が2回あるのでお腹は空いていないのですが、どうしてもご飯が食べたくてくうこうのれすとらんでこれをたのみました。

チャーハンとマンゴースムージーです。ちょっとチャーハンはいがいなちいささでしたが美味しかったです。僕は日本人の中でも米ラブ派なので、米を食べないとイライラして来るんですよね。

奥にあるのはマンゴースムージーです。これ、多分飲み物の中で世界一美味しいと思います。空港に来たら是非。

僕は15日の朝に到着します。ロンドンからの飛行機で何度も足が壊死する夢を見ましたが、今度の飛行機も頑張ります。

僕のイギリスでの食事事情

イメージ
みなさんこんにちは。ようやくロンドンに戻ってきました。本日帰国します。

やっぱ都会はいいですね~。まず食材を買えるのがいいですよ。食べ物がなくては死んでしまいますから。

以前のブログで行ったように、ぼくが泊まったところは、朝は出ますが、昼・夜は出ません。さらに、まわりにはスーパーすらもない超田舎にいたので、どうしようもありません。

そこで、僕がとった作戦はただ一つ。

朝めちゃくちゃ食べることです。

超田舎であってもここはイギリス。朝食はとっても盛り沢山なのです。
ただ、バイキングスタイルではなく、オーダー制でした。僕は毎回”Everything!”と言って、全部のメニューを頼みました。


なんか写真で見るとあまり美味しくなさそうですが、カナリおいしかったですよ。とくに豆。美味しいです。 もちろん、これだけではありません。他にパンを3枚。クロワッサン2コ。バナナ2つ食べて、ジュースもたくさん飲みました。部屋に帰る途中は吐きそうになりましたが。
これだけ食べると、昼は全然食べなくても平気なんですね。でも、夜はやっぱりお腹が空く。 ということで、朝食の時に、パンにチーズとハムを載せて、こっそり部屋に持ち帰ってました。いいよね?このくらいいいよね?別に誰も損してないよね?
ということで、なんとか飢餓にはならずにすみました。結構痩せた気がするけど気のせいかな。
さぁ、ロンドンでたらふく食べるぞ!と言いたいですが、もうお金がありません。泣きたいです。

このブログのツイッターもフォローしてね。

イギリスの田舎町の家

イメージ
僕が現在いるところは、ロンドンから電車とタクシーで約二時間のところです。

人口は見たところ100人程度、スーパーもなく小さなレストラン兼ホテルが一件あるだけです。ドラクエの世界みたいです。

家がひとつひとつお洒落(女子的表現だとかわいい)かったので、写真を撮ってきました。今回はその写真を載せていこうと思います。







どうです?なんか住みたくなりませんか?
車があって買い物ができるのであればこういういいかもとおもいました。

このブログのツイッターもフォローしてね。

食糧不足

イメージ
僕が今いるところは、ロンドンから電車と車で約二時間のところ。
とあるカンファレンスセンターの中にある宿泊施設です。

しかし、宿泊者はほとんどいません。だってカンファレンスはブラジルであるんですから。ですが、今更ブラジルに行けるわけでもなく、とにかく僕は部屋にこもっているのです。

「日本はお盆で、イギリスは夏休み。僕だって休んでも何も言われない」と自分に言い聞かせて、なんとか精神を保っています。

さて、こんな無意義な生活で一番困ること。それは食事です。
ホテルは朝食は付きますが、昼・夕は付きません。ホテルの中に、簡単な食堂みたいなものがあったのですが、なんと閑散期のためか閉まっておりました。

カンファレンスセンターの外に出て、少し歩いてみましたが周りには何もありません。ここは、十数件の家しかなく、スーパーもない正真正銘の村だったのです。「こんなところに日本人レベル」の辺鄙なところでした。

しかし、偶然このホテルに着く前に駅前のスーパーでポテトチップスとパンを買ってあったので、初日はなんとかしのげています。
あとは次の日以降どうするかにかかっています。さぁ、どうなるのでしょうか。

このブログのツイッターもフォローしてね。

さて、どうしようか。

イメージ
前の記事の通り、月曜日・火曜日は研修を受けるはずだったが、それがまさかのブラジルで開催されるということで、暇になった。

しかし、ホテルはもう予約してあるのでとりあえず行かないといけない。
ロンドンから、電車と地下鉄を乗り継ぎ、目的の田舎町に到着した。

タクシーを予約していたが、時間よりも2時間早く着いたので、飯でも食おうとしたが駅周辺は全く何もない。
しょうがなく、隣の終点の駅に行き(1駅なのに往復500円もかかった)、スーパーでこいつを買った。

せっかくイギリスに来たんだから現地のものを食べたいと思うが、そんな元気が無いのと、お金がないので外食もできない。

これは約500円です。外食だと普通に13ポンド(1500円)ぐらいかかるので外食できない。

この調子だと、食べ物に困りそうだなと思い、ポテトチップスとかも買いました。イギリス旅行で痩せそうだ。

1時にタクシーを予約したが本当に来るか不安だった。しかし、突然カーネルサンダースみたいな人が声をかけて、僕を車に乗せてくれた。タクシーではなく普通の車だった。海外ではこういう制度が浸透しているのかな。メーターがついていなくて不安だったが、10ポンドでOK。20ポンドと聞いていたから、ちょっとうれしい。

そして昼2時に到着。

いい部屋だなぁ。一泊一万以上もするから当然かな。なんかなにもしないのに申し訳ない。
さぁ、せっかく何も無いんだからここらへんを探索して、良いレポートを書くぞ!! と思って起きたら、夜中の二時でした。たっぷり12時間も寝てしまった。
どうしよう。おれ。


このブログのツイッターもフォローしてね。

え、イギリスじゃないの!?

現在ロンドンのホテルでこの記事を書いています。
ロンドンに来たのは仕事。かと言っても、普通の仕事ではなく、結構何をしてもいい仕事なのです。ただし、後で報告しないといけません。

僕がこの時期を選んだのは、行きたい2日間の研修があったからです。それが明日から行われます。

ウェブを見ると、事前に登録してくださいと書かれてあったので、登録しました。しかし、その登録フォームが英語じゃないんです。Google翻訳するとなんとブラジル語。おかしいなぁと思いながらもなんとか登録を完了し、メールがきました。

そこで気づいたんです。

このセミナー、ブラジルで行われることを。

主催するのはイギリスの企業なのです。そのイギリスの企業のウェブサイトに紹介されていたので、てっきりイギリスで行われると思ったんですね。

だってしょうがないでしょ。ウェブにはどこでやるかなんて書かれていないんですから。

現在、僕カナリのピンチです。なぜならもうイギリスに来ちゃってるんですから。その研修を受けるためにイギリスに来ちゃってるんですから。どうすればいいんですか、僕は。

だって報告しないといけないんですよ。どうしてくれるんですか?何を発表するんですか?「イギリスだと思ったらブラジルでした。テヘヘ」ですまされるのでしょうか。どうですかね。僕にはわかりません。

さぁ、どうなる!明日からの僕!

このブログのツイッターもフォローしてね。

ロンドン観光したよ

イメージ
お仕事のためにイギリスに来ています。今日は移動日のためロンドンに宿泊です。

バンコク経由という超遠回りでイギリスに行ったため、日本を出てから約24時間かけてイギリスに着きました。足がむくんで靴が入りません。

朝7時に着いたため、早くホテルに入りたいがチェックインできないため、24時間座りっぱなしからの観光になりました。

とりあえず主要な写真を貼っていきます。

大英博物館です。これすごいですよ。とにかくでかいのです。そして無料なのです。  お宝がものすごく無造作に置かれているのです。
フィッシュアンドチップス。一回食べればOK。
 セントポール大聖堂 タワー・ブリッジ。
3時にホテルに戻りました。仕事の準備のため。そしてその準備中に衝撃の事実が発覚しました。詳しくは次の記事で。

このブログのツイッターもフォローしてね。

イギリスに行ってきます。

イメージ
突然ですが、これから1週間、イギリスに行ってきます。一応仕事です。
「お前仕事クビになったんじゃねぇのか」とお思いでしょうが、会社を退職していることには間違いありません。ただ複雑ですが、出張でイギリスに行くのです。

お金は、(おそらく)全額出ます。出ると言っても航空券含む交通費とホテル代のみ。ご飯代は出ません。あと日当がほんのわずかだけ出ます。現在僕は無職なので、この日当だけを目当てにして、この旅に参加することにしました。

やることは僕自身が決めます。ただ、帰ったあとにそれを報告しないといけません。いろんな人と会わないといけないのですがそれが憂鬱で仕方ありません。

とりあえず、報告できることはこのブログで報告していきます。

ぶるうべる ー史上最高のカレーー

イメージ
山口市にやってきた。ここは僕が生まれ育った場所。もう実家はないけれど、それでも未だ人生で一番長く過ごした場所に間違いはない。

山口市に来た時に来た時にぜひ食べたいと思うものが2つある。

一つは春来軒のばりそば。
http://tabelog.com/yamaguchi/A3501/A350101/35000083/
長崎皿うどんに似ているけど、皿うどんよりも遥かに太い麺で食べごたえあり。実はここ特有の料理らしく、みのもんたの番組で紹介されていた。

もう一つは、ぶるうべるという喫茶店のカレー(800円)。
http://tabelog.com/yamaguchi/A3501/A350101/35000022/
山口市役所の近くにひっそりとある小さな喫茶店。中は暗く、カウンター5席、テーブル3つほどの本当に小さな喫茶店。

そこのカレーが本当に美味しい。うずらの卵が乗っていて、ルーは黒くてドロドロ。どうやって作るのかわからないけど、本当に美味しいのです。
ルウが向こう側に写ってるダメな写真ですみません。詳しくは食べログを御覧ください。

是非山口市に行ったらこの2つは食べてください。元山口市民の僕が言うんだから間違いありません。


このブログのツイッターもフォローしてね。