物を買ってストレスが発散されればそれでいい

以前、グスタフスベリでマグカップを買ったという話をしました。



実は僕は全くマグカップに興味がなく、今までおしゃれな皿とかマグカップなど一切買ったことがありませんでした。友人にイギリスの皿を集めてる人がいましたがその人の気持ちが全くわかりませんでした。

それだけでなく、僕は物欲全般がほとんどないのです。経験にはお金をかけるのはわかるのですが、物を持ったとしてもどうせ死んだら全部捨てられるしと思うと、買う気が起きないのです。


最近、ホモ・サピエンス全史という本を読んでるのですが、そこにこう書かれてあります。

人々が、極個人的な欲望と思っているものさえ、大抵は想像上の秩序にプログラムされている。・・・消費主義は、幸せになるためには出来る限り多くの製品やサービスを消費しなくてはならない、と私達に命じる。・・・どのテレビのコマーシャルも、何らかの製品あるいはサービスを消費すれば人生が良くなるという、小さな神話なのだ。

簡単に言えば、ストレス発散のために何か物を買う、あるいは旅行をするというのは、ただ洗脳されているからそう感じるだけで、生物学的根拠は何もないということです。

正直、ストレス発散のために何かものを買うと言うのは、僕にはあまり当てはまりませんでした。というか、慢性的に貧乏なのでお金を使うのが怖いのでそういう行動はしませんでした。

その僕が、今回高いマグカップを買ってみました。2500円ぐらいなんで、大げさですがちょっと自分でいつもとは違う行動をしてみたわけです。


最近というか、ずっとずっと心の中でモヤモヤが消えなくて、自分はどうやったら幸せになれるんだろうかと考えております。もし、何かを買うことでそれが解消するのであればそれでいいかなと思っています。現代社会に洗脳されているのであれば、それもまたいいではないかと。

ただの2500円のカップを買っただけなのに、大げさなことを考えてみました。


ランキング参加中です よかったら押してくださいね。 ↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿