2017/03/01

[ヨーロッパ]深夜バスでコペンハーゲンからハンブルグへ!

クリスチャニアに行った後は、深夜バスに乗るまで待機。夜11時半のコペンハーゲン発ハンブルグ行き。

僕は、主に金銭的な理由で今までたくさん深夜バスに乗ってきたけど、海外は初めて。ちょっとドキドキ。

そして、深夜バスでいつも面倒なのは、出発までの時間の潰し方。特に今回は、初めての場だし、ストックホルムのイメージだと、週末でも夜は普通に店が閉まる。しかも、朝から歩いて体力はほぼ0。不安は募るが、とにかくコペンハーゲン中央駅に行く。

駅の近くにあるコペンハーゲン市庁舎。

コペンハーゲン中央駅は、吹きさらしになっているのでとても寒い。しかも、ホームレスにお金下さいって言われた。甘えんなこの野郎。


クリスチャニアは特別だけど、コペンハーゲン全体でも落書きが多いイメージ。駅も落書きだらけ。

まずはスタバがあったのでスタバに入る。10時閉店ということで、10時ギリギリまでコーヒーいっぱいで粘る。



スタバがしまったので、その向かいにある店に入る。ここは夜12時ぐらいまではやってるみたい。コペンハーゲンはストックホルムより夜が遅いのかな。ヌードルのポスターが目につく。


 そして買う。本当はそんなにお腹は空いてないけど、時間つぶしのため。うまいわ〜。コペンハーゲンはストックホルムより、安くて美味しい中華が多いイメージ。ストックホルムは高級なレストランしか無いもんね。


なんか、時間を潰すためにお金使ってる。安物買いの銭失いとはこのことだな。


ほぼ時間通りに、バスが来た。このバスは大聖堂のあるケルン行きらしい。


この深夜バスは、自由席だった。空いてる席は可愛い女の子の隣か、怖そうなおじさんの隣。さすがに女の子の隣は良くないと思い、恐る恐るおじさんの隣りに座る。結果的には何事もなくてよかった。

初めての海外の深夜バス。日本との違いは、完全消灯がないこと。そして、普通にみんな喋ってる。日本だと苦情が来そうだけど、僕はイヤホンで音楽を聞いていたので気にならない。逆に日本のように真っ暗で、「寝なさい」と強制される方がストレスがたまるので、これはいいかも。でも深夜バスに乗るときはイヤホンをお忘れなく。

深夜三時頃、おそらくドイツに入国したのか、パスポートチェックがあった。ストックホルム→コペンハーゲンは全く何もなかったので、ちょっと緊張。パスポートと居住許可カードを見せて、無事終了。スタンプは押されませんでした。

ということで、朝6時頃にハンブルグ無事到着。あまり眠れなかったともうけど、バス内の記憶があまりない・・・

続く。


ランキング参加中です よかったら押してくださいね。 ↓↓ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿